睡眠薬を上手にやめる方法とは?

睡眠薬は眠れないときに役立つものですが、続けて飲んでいると依存度が高くなって、これがないと眠れなくなる可能性があるので、やめるタイミングを考えることも大切です。薬に依存するのをやめようと思ったときは、眠れても眠れなくても早寝早起きを心掛けて、規則正しい生活やバランスのとれた食生活を心掛けたり、日中は十分な日光を浴びたり、ストレス解消になるような運動をしてみると良いでしょう。また、眠るときにリラックスできるような癒し系の音楽を聴いてみることも、睡眠薬のような効果を上げる可能性があります。

ストレス社会であり、また高齢化の影響など睡眠に関する悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。
サプリなどの方法で眠れると良いのですが、ダメならやはり睡眠薬を飲んで眠るしか方法がないですね。お薬を服用していると、飲まないと眠れないといった依存になってしまうことが心配です。

人間の身体には恒常性(ホメオスタシス)があり、身体を一定の状態に保つ働きがあります。また自然治癒力により、病気を治し身体を正常に保つように働きます。
自律神経、免疫系、内分泌系などの働きで恒常性をコントロールしています。これにより、身体に不調があらわれると正常に戻すために様々な自然治癒力を発揮するのです。

睡眠薬を止めると離脱症状がある…上手にやめれる方法とは?

睡眠薬を止めると離脱症状がある…上手にやめれる方法とは?

眠りについても正常な状態なら、一日睡眠不足の日があったら、次の日には眠くてぐっすりと眠ることができるといったバランスがとれるのですが、それが働かなくなった状態が不眠症といった睡眠障害になります。
眠れないのは何らかの原因で、睡眠に支障をきたしているためです。その原因には様々なことが考えられますが、睡眠薬を飲んで眠ることをずっと続けるのではなく、上手にやめていくことが必要です。

そのタイミングとはいつが良いのか。どうしたら薬を飲むことなく眠ることができるようになるのでしょうか。
不眠にはいくつかの原因が考えられます。ストレスや心配事などの心理的な原因。痛みやかゆみ、喘息発作、頻尿などの身体的な原因。抑うつや不安神経症、うつ病など精神な原因。生活環境や時差ボケなどの生理的な原因。
飲んだ薬やカフェイン、アルコール、ニコチン、その他薬物の影響などの薬理的な原因などがあります。

睡眠薬をやめる方法

睡眠薬をやめる方法

睡眠障害の原因を追及して、それぞれの原因に合った適切な治療や対応をして改善させていく必要があります。そしてその治療の過程の中で睡眠薬を服用することになります。
原因を取り除くことや適切な治療により改善すれば、睡眠薬に関してもやめることができます。ですが、服用することで、飲んで眠ることが習慣になってしまい飲まないと眠れないということが起こります。
その不安があって薬をやめるタイミングがつかめなくなってしまうのです。

まずは、思い切って飲まずに眠ることを試します。何時間か眠れなくても大丈夫なので自力で眠る習慣に戻すことを試すのです。それでもダメなら最後は飲んで眠ります。この努力をすることが大切です。
そのうちに飲まなくても眠る習慣が戻ります。飲んで眠るという習慣を断ち切ることがポイントです。
やめなければいけないとプレッシャーになるのではなく、少しくらい飲んでも大丈夫と気長に考えた方が精神的に落ち着き、不眠の改善にも良い影響があります。