睡眠薬と睡眠改善薬の違いとは?

なかなか寝付けなくて悩んでいる場合、睡眠改善薬の服用を薦められるケースがあります。睡眠改善薬は睡眠薬と同等のものと思われがちですが、実は大きな違いがあるのです。睡眠薬は不眠症などによって病院で診察を受け、医者が処方してくれなければ手に入れることはできません。一方、睡眠改善薬は一時的な不眠症状(寝つきが悪い、眠りが浅い)の際に服用するものです。医者の処方は必要無く、薬局などで購入することが可能です。

寝付きが悪いと良質な睡眠が得られませんので、いつも疲れが取れなかったり、集中できないなどの生活に支障をきたすようになります。
睡眠に関する問題を解決するために用いられるのが睡眠薬です。この薬を使えば安眠を得られ、快適な日常生活を送れるでしょう。

睡眠薬と睡眠改善薬の違いを徹底追及!果たしてどちらが効果が高い?

睡眠薬と睡眠改善薬の違いを徹底追及!果たしてどちらが効果が高い?

睡眠に関係する薬には普通の睡眠薬と、睡眠改善薬という種類が存在します。似たような薬の名前ですので効果に違いがなさそうに見えますが、睡眠改善薬のほうが効き目が穏やかという特徴を持っています。
一時的な寝付きの悪さや不眠に関係する症状を緩和させる効果を持っており、素人でも扱えるメリットがあります。

そのため、市販薬として販売が許されており、全国の薬局やドラッグストアで買い求めることが可能です。
ヒスタミンと呼ばれる脳内にある物質が、ヒスタミン受容体と結合することで脳が覚醒するようになります。

ですがヒスタミンが受容体と結合するのを防ぐために、睡眠改善薬に配合されているジフェンヒドラミンという物質が先回りして受容体と結合します。この働きのおかげで、入眠を妨げられる心配がなくなります。
ジフェンヒドラミンは市販の風邪薬などにも含まれています。風邪薬を服用すると眠くなりますが、この仕組みを上手く利用することで、睡眠の質を改善するようになっています。

睡眠薬を睡眠改善薬の違い

睡眠薬を睡眠改善薬の違い

もう一つの睡眠薬については、市販品として売られていません。薬局やドラッグストアに置いていませんし、取り寄せにも応じてもらえません。入手する場所は病院です。医者が処方する形で、患者ごとに最適な薬を渡してくれます。
医者が処方する薬は向精神薬に分類されています。精神に関わる疾患の治療の際に用いられます。向精神薬の仲間として、抗うつ剤や気分安定剤などが存在します。

医者の処方が必要なほどの強い効き目を持っており、市販の睡眠改善薬よりも高い効果を期待できます。睡眠改善薬のように一過性の症状ではなく、長く症状に悩まされている患者に対しても有効です。
種類が多く、効き目があらわれるまでの時間の長さや、効き目が持続する長さなどが、薬の種類によって違ってきます。

効果が高い一方で、副作用に注意しなければなりません。よくある副作用として依存があり、常に薬がなければイライラする、震えの症状が出るなどします。
しかし、医者の説明通りに服用すれば、安全に使える薬ばかりですから安心しましょう。両者の薬を使い分けることで、睡眠に対する不満を取り除くことが可能です。